こんにちは。
アイシンク建築設計事務所の池田です。

今年も残すところあと少しですね。
猪名川町はすでに積雪する日もあり、冬の訪れが早いような気がしています。

さて、今年の4月頃からご相談を頂いていた”美容サロン”の計画がまとまり、まもなく着工という状況に。
当初は物件探しに苦労したものの、10月頃にこちらの物件と出会ってからはトントン拍子で計画が進み、
2月中旬のオープンを目指して、今年中に着工をする事が出来ました。

場所は大阪府池田市の阪急宝塚線・池田駅から徒歩10分ほど。
閑静な住宅地の近くでありながらも、国道176号線にも面していて賑わいもあり、オーナーさんがお持ち
だったイメージに近い場所・店舗を見つける事が出来たのかなと思います。

以前は新聞屋さんの集配センターだった木造2階建ての店舗併用住宅。

一階の半分がコンクリート土間になったつくりは、美容サロンにも活かせそうだな、、、
と想像?妄想?しながら採寸・調査作業を実施。

鉄骨や鉄筋コンクリートの店舗であれば、内装仕上げを撤去しスケルトンになった状態に
なっている事が多いのだと思いますが、以前の新聞屋さんのままの状態でしたので、どん
な改修が可能かを把握するのに苦労しました。

予算の都合上、造作・装飾を抑え気味ですが、シンプルで入りやすい雰囲気の美容サロンになって
欲しいなと思います。

では、少しですが3Dイメージでどんな美容サロンが出来上がるのか、ご紹介していきます。

まず、外観。

入りやすさや自転車等の置き場所確保を考慮して、急勾配の既存のコンクリート土間をハツリ、新たに
ステップ状につくり直す事にしました。

また、オーナーさんに漂うような”温かみのある雰囲気”を少しでも伝えられればな、と思いファサード面
は木製サッシ(複層ガラス)やカラマツの板張り(オスモカラー塗装)仕上げとしています。

一見、カフェのような、、、地域に溶け込むような外観になるのかなと思います。

店内に入ると、受付・待合・カットスペースの空間。
天井は二階の床組みを露出し、2,8mほどの高さで開放感のある空間となる予定。

床は既存のコンクリート土間、壁は白系クロスのシンプルな仕上がりとなるので、空間のアクセント
として、受付には節があり、存在感のあるラーチ合板を用いたカウンターを計画しました。

L字に設けるカウンターは受付の役割だけでなく、一辺にはシンクを埋込みカラー材等の調合スペース
としての機能も持たせた複合的なカウンターとしています。

カラー材、薬剤の調合は裏方で行う美容サロンが多いとの事ですが、、、

”髪に優しいオーガニックカラー材の良さ・こだわりをお客さんに伝えたい” 

というオーナーさんの熱い思い・ご要望をこうした形で表現してみました。

カットスペースから受付・調剤カウンター方向を見るとこういった様子。
奥にシャンプースペースを設けて、さらにその奥(横)が洗面・トイレとなっています。

カットスペースとシャンプスペースとの境には腰高さの壁を設けて、視線は繋げながらも
空間がやんわりと区切られるような間隔になるように意識しています。

閉じすぎず、開けすぎず、、、これくらいが良い塩梅かなと思います。

シャンプースペース側からカットスペース・受付側を見るとこうした様子。

シャンプスペースは床下の配管スペースを確保する為に床を組み、仕上げはカラマツの
フローリング張りとして、コンクリート土間面とはまた違った雰囲気の空間となっています。

フローリングに撥水性を持たせる為、オスモカラーを塗布するので実際の仕上がりはもう少し
濃い色合いになるかな、、、と思いますが、他の美容サロンではなかなか見られない無垢材
特有の温もりがあって、居心地の良い空間になれば良いなと思います。

洗面・トイレは全体の雰囲気を持たせながらも、シンプルで清潔感があるように意識。

もっと豪華にした方が良いのかな、、、と悩みましたが、”内装ではなく、お客さんが映えるように”
と思い、極力シンプルにまとめてみました。

この空間にオーナーさんがどんな色やアクセントを足していくのか、どんな美容サロンが完成するのか
今からとても愉しみです。

工事進捗や美容サロンの情報(割引特典も!?)もお伝えしていきますので、またブログ覗きにきてください。
ではでは!


↑ランキングアップにクリックお願いします!