こんにちは。アイシンク建築設計事務所の池田です。

昨日、梅雨前に人生で初めて植えた稲を収穫してみました。
たった30㎡ほどの面積ですが、手で刈り取るのは本当に大変ですね(汗)
中腰での作業をしたせいか、今日は腰が重く、デスク作業がツライ・・・

ここからの乾燥(天日干し)・脱穀・精米も手作業の予定。
食べられるのはいつになるのでしょうか・・・。

さて!今思うと恋しい、暑い暑い7月末に兵庫県猪名川町にて着工した戸建て住宅のリフォーム工事が
完了し、無事に住まい手さんにお渡しする事が出来ました。

まだ少し肌寒かった4月末から中古物件探しを始められ、5月~7月はローン等の審査やリフォーム
プランの打合せを行い、7月末に着工、そして9月末にお引き渡し。物件探しからお引き渡しまで約
5ヶ月間!なかなかスピード感のある計画となりました。

現場は築20年の大手ハウスメーカーさんの中古物件。
予算の都合上、過ごす時間の多い一階のみに工事範囲を絞り、住まい手さんの理想とする住空間となる
ようなリノベーション工事をご提案しました。

プランのキーワードは「食事・団欒・仕事・遊び・勉強など、多目的に使える広々としたLDK空間」

開放的な空間を計画する中で「大きなLDKの中で家族の気配を感じながら、ぞれぞれの時間を過ごせる」
そんなプランにしたいなと考えました。

ポイントとなったのが”ワンルーム化”と”視線のつながり”。

元々一階は、玄関+ホール+トイレ+和室+LDK+水回り(洗面と浴室)に細かく区切られていましたので、
新たなプランでは水回りをコンパクトにまとめ、LDKからアクセス出来るようなにつくり直しました。

その為、トイレの移動により玄関土間の延長(通り土間)、ホール空間の不要によりLDK空間の拡張を
行い、ワンルームの開放的なLDK空間を計画する事が出来ました。

ワンルーム化する事に加えて、意識したのが”視線”。それぞれ違う事をしていても、その姿がちらっと
見えるように、どこにいても姿が確認出来るようなプラン・素材の選び方をしています。

お引き渡しの前には、恒例の完成写真の撮影タイムを頂戴しました。
この時間は、設計例の更新の為だけではなく、ファインダー越しに仕上がった住まいを見ながら、設計
時の考えやイメージとを擦り合わせる大切な時間でもあると思っています。

イメージ通りに、イメージ以上の空間になっていると嬉しくなって、ニヤニヤしながら撮影しているので
傍から見るとかなり気持ち悪いカメラマンになっていると思います(笑)

”ワンルーム化”や”視線のつながり”
そこらへんは完成写真を覗いて頂ければ、少しお伝え出来るかなと思います。
こちら↓のリンクからご覧になれますので、ぜひぜひ覗いてみてください。
通り土間のある中古戸建て部分リノベーション(兵庫県猪名川町)

その夜には、お仕事を終えた住まい手さんと床の蜜蝋ワックス塗りのDIYを実施。
蜜蝋ワックス塗りは、予算削減の為にDIYになる事が多いですが、お引渡後の清々しい、開放感たっぷ
りの時にやる事が多いので、個人的には結構好きな作業です(笑)

みんなでワイワイと出来上がった住まいの事を話しながらの作業は、設計者冥利に尽きるとも思います。
ただ、、、真夏の作業は、、、エアコンがないと、、、つらい(笑)

  

最後に住まい手さんご主人(=友人)と蜜蝋ワックス塗りを手伝ってくれた友人とで記念撮影。

10月中旬頃までにお引っ越しを終えて、この住まいで新しい生活が始まるそう。
猪名川ショールームとしてもすごく期待していますよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 


↑ランキングアップにクリックお願いします!