こんにちは。川西市のアイシンク建築設計事務所の池田です。

少しは夏らしい事をしようと、大阪で開催される淀川花火の会場まで移動中。

ひ、人が多い(・・;)

友人の賃貸アパートの屋上にて。
あまりの迫力に声も発せず、様々な色・形の花火に魅了されました。

さて、今週の火曜日に以前から木のマンションリノベーションのお打合せを進めさせてもらっていた、
大阪市淀川区の施主さんと設計監理契約をさせてもらいました。

8月末に着工、12月頭にお引渡しのスケジュールです。

施工は木を使った住まいつくりに慣れている大阪の藏家さんでございます。
独立してからは初のコラボですが、普段はもっと複雑なリノベーション工事されているので、安心して任せられます。

さて、スムーズに進められるよう(藏家さんの足を引っ張らないよう)着工までにあらかたの施工図を描いておきたいところです。

すこーしリノベーションの内容に関してご紹介。詳しくは後日に改めて。
とりあえず、物件タイトルは”大きな土間収納がある自然素材リノベーション”っという事にしました。(物件タイトルっていつも迷います。。。)

◽︎玄関と繋がる、大きな土間収納&納戸(ウォークインクローゼット)

土間にはスポーツ&アウトドア用品、可動棚には日用雑貨や靴、ハンガーパイプに衣服を収納出来る空間になっています。


玄関から土間スペースを見たところ。
普段はこちらから出入りする事で、玄関をすっきりと使う事が出来ます。

土間スペースからウォークインクローゼット・洗面を見たところ。

衣服掛けのパイプハンガーを動線上に組み込み、省スペース化。
右側の可動棚は、日用雑貨や靴収納など、ざっくりとした使い方が出来ます。

◽︎二列に分けたステンレスカウンターの造作キッチン

住戸の特徴として妻側(建物の短手)が少し短く、2、4mの長さのキッチンの配置が
難しい事もあり、コンロとシンク&作業スペース分けた”二型”にしました。

シンク&作業スペース側は、90×180センチのオープンなペニンシュラ(壁つけ)タイプです。

奥には冷蔵庫と可動棚のパントリー。ご夫婦二人の分であれば、十分なスペースだと思います。
奥の建具から洗面・浴室へと繋がります。

次回、ビフォーの画像と比較しながら、全体のご紹介させて頂きますね。

窓際造作ベンチと多様性のある小リビングを持つ住まい(兵庫県西宮市)
完成写真はこちら↓の画像をクリックしてください。


↑ランキングアップにクリックお願いします!