こんにちは。アイシンク建築設計事務所の池田です。

週末からニュースで伝えられている大型台風18号(TALIM)がいよいよ西日本に上陸。
今夜にかけて関西地方を通過するとの予想でしたので、一昨日に慌てて改修中の事務所
のシート養生をしてきました。

北側にある建具と枠材を撤去して出来た”高さ3m×幅3,6m”の大きな開口を塞ぐよう
にブルーシートを張り巡らせてきました。これで雨が内部に入らないにしても、強風で
シートが飛んでいかないか、、という心配が出てきます^^;

さて、昨日はリフォーム工事が進む、兵庫県猪名川町の戸建てリフォーム現場へ。

この日で着工から一ヶ月半ほど掛けて進められた大工工事が終わり、内装工事へ突入。
木工事を終えた階段ホールや玄関土間からクロス屋さんが作業を進めてくれています。

今回は、紙系のクロスではないですし、細かな部分も少ないから作業も伸びるかな、、、
と思っていましたが、階段段板の底面がみえる納まりにした事もあって、階段周りのクロス
貼りが結構大変そうで。。。相変わらずお手間お掛けしますが、よろしくお願いします(笑)

クロス屋さんが階段周りで四苦八苦しているのを横目に、大工工事を終えた現場を確認。

今回のリノベーション工事では、全体のプランニング及び動線等を考慮して、北側に水回りを
まとめなおしました。洗面脱衣室は浴室(ユニットバス)が合った位置に計画し、縦長窓から
自然光と幅広の桧カウンターのあるすっきりとした空間に仕上がっています。

キッチンとの動線にも配慮していて、家事動線が短く、シンプルになるように計画しています。

洗面器はTOTOの大型流しが嵌め込まれます。水ハネし難い構造となっており、深さもあるので
つけ置き洗い等、洗濯時にも重宝してもらえるんじゃないかなと思います。

とはいえ、最終仕上げにオスモクリアー塗装で撥水性能をあげておきたいところ。

個人的には、、、玄関土間の框下に設けた”凹み収納”が好印象。
日常的に利用する靴類はここに収納しておけば、片付けているように見えるはず(笑)

こうした”ちょっとした”空間を使った収納を計画するのも、リノベーションの愉しさの
一つかなと思っています。使い勝手はお引っ越し後、住まい手さんに聞いてみます。

ポーチ周りもリフォームを行ったいます。

化粧コンクリートブロックの壁と門扉、カーゲート等を撤去し、道路との境界には
高さを抑えた枕木を建込み、これまでよりもオープンなポーチ空間へとつくり直し
ています。

その他、アイアンの階段手摺やウォールナットのダイニングテーブル等、ここから
どんどんと住まいらしく彩られていくので、また進捗をお伝え出来たらなと思います。

9月末へのお引渡へ向けて、もうひと頑張りです!!


↑ランキングアップにクリックお願いします!